出産前

学資保険の貯蓄性が高い理由

学資保険は、貯蓄性の非常に高い保険商品であると言われています。
では、一体なぜ学資保険の貯蓄性は高いのでしょうか?
学資保険の貯蓄性を見る指標は、返戻率です。

返戻率とは、子どもの教育資金のために払い込んだ保険料の総額と、将来受け取ることが出来る学資金を比べたものです。
100%を超えるということは、払い込んだお金よりも受け取ることのできるお金が多いということで、これが大きければ大きいほど、払ったよりも多くのお金が将来戻ってくるということになります。
逆に返戻率が100%を割り込んでしまうと、元金割れという状態になってしまいます。

これは、払い込んだお金よりも将来受け取ることができるお金のほうが少なくなってしまっていることをあらわします。
せっかく子どもの将来のためにコツコツと貯蓄をするのですから、元金割れをする商品は避けたいですね。
学資金を貯めることよりも、他の、例えば医療保障や、契約者に万一のことがあっても子どもが必要な学資金を受け取ることができる特約などを充実させれば、返戻率が低くなることがあります。

しかし学資保険に加入する場合には、子どもの教育費を貯蓄することを皆さん第一に考えられます。
そのため、返戻率が重視されることが多いので、その期待に答えるべく返戻率の高い商品が多いのが学資保険なのです。
例えば、約165万円が払い込み保険料の総額で、受け取りの学資金総額が200万円の商品があります。

これは返戻率が121%であり、とても貯蓄性が高いと言えます。
定期預金として銀行に預けるよりも、よっぽど高い利率が得られるのです。
銀行にお金を預けても、雀の涙程度にしか増えないのが現状です。
また、高利回りを得ようとしてギャンブル性の高い投資商品に手を出して、せっかくの資金を失ってしまう可能性もあります。
しかし学資保険ならば、確実に、高い利回りで、大切な資金を子どもの将来のために貯蓄することができるのです。

Copyright(C) 2013 子供のための保険 All Rights Reserved.