出産前

出産前に準備しておきたい学資保険

学資保険には、子どもが何歳のときから加入するのが好ましいのでしょうか?加入した時期を聞いたアンケート調査では、圧倒的に、0歳児からという結果が出ています。
これは、子どもが生まれる前からどの学資保険にいくら入るか、ということを決め、加入しておくという行動が一般的だということをあらわしています。
ではなぜ子どもが0歳のときから学資保険に加入しておく必要があるのでしょうか?まず、学資保険は子どもが何歳でも加入できるものでは有りません。

年齢制限があります。
そして、加入するのが早ければ早いほど、月々の負担が少なくなります。
例えば、同じ金額を半分の期間で貯めることを考えましょう。

月々の負担も二倍になってしまうことが想像できますね。
また、契約者の年齢も、子どもが大きくなると、一部制限が掛けられてしまいます。
子どもの年齢が高く、契約者の年齢が高い場合、加入できるプランが限られてしまうことがあり、自分たちの希望する学資保険に満足して加入することができなくなってしまう恐れがあるのです。

さらに、契約者の年齢が若いほうが保険料が安くなります。
このことから、学資保険に加入するには、子どもの年齢から見ても親である契約者の年齢から考えても、早いほど良いということになるのです。
早ければ早いほど良いものは、妊娠中から加入できるので、妊娠中が最も早い、つまりベストな加入時期であると言えるのです。

考えたくないことではありますが、可能性はゼロではないこととして、契約者に万が一のことがあることが考えられます。
しかし学資保険に入っていれば、学資金を受け取ることができるので、リスクに備えることができます。
また、学資保険に未加入のまま出産を迎えた場合、新生児の世話に忙しく、加入する時間が取れない可能性が多いにあります。

そのため、出産前に学資保険を検討し、夫婦で話し合い、入る保険を決め、加入手続きを済ませてしまうことが望ましいのです。
また出産前に学資保険に加入することによって、子どもと家族の将来について具体的なイメージが湧いてくるという利点もあります。
真剣に将来のお金のことを考えることで、日々の生活における態度も変わっていくことでしょう。

Copyright(C) 2013 子供のための保険 All Rights Reserved.