出産前

学資保険の目的は教育資金の積み立て

学資保険の目的は、その名の通り教育資金の積み立てです。
子どもが幼稚園から大学を卒業するまでの間で、だいたいいくら教育資金が必要かをご存知でしょうか?国公立の学校に通うか私立の学校に通うかで金額はかなり変わってきますし、どちらに通う事になるかは現時点ではわからないことも多いでしょう。
また、大学では自宅から通う場合と、家を出て下宿先から通う場合で大きくかかる金額が変わってきます。

幼稚園から大学まですべて国公立に通った場合、およそ1000万円かかると計算がされています。
私立に多く通えば、最終的に2000万円がかかるとされています。
この大きな金額のすべてを学資保険でまかなえるわけではありません。

教育にかかる費用は、もちろん一括で支払うわけではなく、月々の支払いとなります。
そして、例えば大学入学時に、積み立てておいた、まとまった大きなお金が手に入れば、教育資金の大きな助けになるでしょう。
学資保険の満期は大学入学時に設定されていることが多いですが、これは教育費の中で一番まとまったお金が必要とされるタイミングが大学入学時だからです。

必ず必要なときに、資金が不足することで子どもの夢を諦めるという悲劇が起こらないようにしたいというのは親なら誰でも願うことですよね。
また、進学の節目節目で祝い金がもらえるプランもあります。
これによっても、必要なときに教育費を確実に手にすることができるのです。

学資保険は教育資金の設計図の役割も果たすと言えるでしょう。
学資保険に入っていなければ別のこと、例えば娯楽費などに知らず知らずのうちに使ってしまっていたかもしれないお金が、子どもの教育費用に確実に貯まるのが学資保険なのです。
月々の小さな積み立てで、教育に必要な総額のうちの大きな部分をまかなうことができます。
そして、この大きな金額を貯めるのには長い時間があれば、月々の負担も少なくて済みます。
楽に教育資金を積み立てるために、学資保険を有効活用しましょう。

Copyright(C) 2013 子供のための保険 All Rights Reserved.