出産前

学資保険と子ども保険はどう違うの?

子ども保険とは、その名の通り子ども向けの保険です。
一般的には親が契約者となり、被契約者が子どもとなります。
祖父母が契約者となれることもあります。
受取人は、契約者である親であることが多いです。

教育資金を貯めることや、被契約者である子どもが病気やケガをしたときの医療保険、親が死亡したときに子どもが困らないように保障が出る育英年金などが目的とされます。
学資保険も、親や祖父母が契約をし、子どもや孫が被契約者となります。
教育資金を貯める事が目的とされ、さらに前述の育英年金や子どもの医療保険を特約で付加することができる、あるいは付随しているという保険です。

どちらも貯蓄性が高い保険商品です。
特約が少ないほど返戻率が高くより貯蓄性が高いのですが、特約を付ければ豊かな保障が得られ、より保険的な意味合いが強くなります。
こうしてみると、子ども保険と学資保険は、ざっくりと言うと同じものを指すことがわかりますね。

学資保険=子ども保険と紹介されている商品もとても多いです。
この両者の区別は、実は曖昧なものなのです。
子ども保険というのが保険の分類としては正しいもので、学資保険という名称は特定の企業が子ども保険を売り出すときに、その特徴を際立たせるために用意した名称です。

その後、学資保険という名称が一般に浸透したのです。
一般的な名称である絆創膏と子ども保険が同じで、一企業の商品の呼び名が一般に浸透していったバンドエイドが学資保険と同じいうような理解で良いでしょう。
子ども保険の中に学資保険が含まれるという認識でも良いです。

特徴を際立たせる為に使用した名前ですので、分類をすることも可能です。
学資保険の重点が教育資金の積み立てに置いているのに対して、子ども保険は、重点を教育資金の積み立てのみならず子どもに関することを全体としてカバーする保険だと言えます。
子ども保険、学資保険という名称にこだわらずに、一番良い保険に加入して、子どもの将来にしっかりと備えたいですね。

Copyright(C) 2013 子供のための保険 All Rights Reserved.