出産前

学資保険の上手な節約方法

学資保険は、子どもの教育費用を貯めるのに必ず必要なものです。
しかし、月々の出費であることには変わりがありません。
必要なものはしっかりと貯めたいのはもちろんですが、節約できる部分があるのならば、節約をすることが賢いと言えます。

まずは、節約としては、返類率が高い、つまり利率の高い学資保険を選ぶことが第一歩です。
返類率の高い学資保険を見極めて加入すれば、月々の保険料を節約することができたのと同じになります。
また、月々の保険料があまりにも高いと家計を圧迫します。

その結果習い事を子どもに諦めさせるということは避けたいものです。
学資保険だけで子どもの将来の学資金を全て準備するわけではないことを念頭において、子どもが小さい内から積み立てる学資保険にどれくらいのお金を向けるかについて考える必要があります。
次に、さまざまな特約を付けることが、本当に必要かどうかを考えてみましょう。

まず、契約者である親が死亡したときにその後の保険料の払い込みが免除になる特約ですが、これは学資保険に付けられる有名な特約です。
払い込み免除特約が学資保険には必ず付いていると思っている人も多いでしょう。
しかし、必ずしもそうではありません。

もしも生命保険に一家の大黒柱が加入している場合、そちらの保障内容と重複しますので、どちらかは必要がありません。
払い込み免除特約を付けるか付けないかを選べる学資保険の場合、払い込み免除特約を付けないほうがより貯蓄率が高くなります。
また、病気やケガで契約者である親が働くことができなくなったときの払い込み免除特約や、親が死亡したときの育英年金の必要性についても、しっかりと考えましょう。

さらに子どもの医療保障の特約について考えてみます。
こちらも、もしも別で医療保険に加入しているのであれば、必ずしも加入する必要は無いでしょう。
月額の保険料と保障で両者を単純に比較することはできないかもしれませんが、しっかりと見極めましょう。

Copyright(C) 2013 子供のための保険 All Rights Reserved.